不貞調査を自らの手で実施するのでなく、専門家に依頼していくケースだと、探偵事務所や探偵社、また興信所と表記されているオフィスに不倫の調査を依頼をされるとよろしいでしょう。

 

 

 

探偵事務所と興信所の区分

 

行なっている業務内容はほぼ違わないです。一昔前は、興信所であれば、法人関係の人事チェック、雇用チェックを中心にして仕事をしていて、探偵事務所であれば、個人等の不倫の調査などをおこなっていたと言われていますが、最近は、興信所に依頼するのも、探偵事務所に頼み込む場合であっても、同じ内容を同じに遂行してもらう事が出来る上に、代金の方は、事務所により異なってくるため、興信所、探偵事務所と、どっちが安くてどっちが高いというものは無いです。最近は、興信所というよりは、探偵事務所や探偵社の方が、不貞調査を行う場合、馴染んており、調査等を依頼をするときは、興信所より、探偵と名がついてる事務所の方に依頼をされる人が遥かに多いといわれています。

 

 

重要なのは、興信所、探偵といった名前ではなく、その業者が信用に足る事業所なのかといった事

 

不貞の調査を依頼をする場合であれば、その事業所が不貞の根拠をつかむ業務が得意で、悪質である事務所でないかといった事が一番に大切な事になります。自分の手で不倫調査を実施していく事も可能ですけれど、自らの手で実行していく調査関連の場合では、可能な事に足かせがありますので、一方に見つからないように、どれほど調査などを出来るのか、きっちり証拠となるものを入手することができるかを考えていった場合、困難であると思われる人が多いんです。