自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

 

しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、客観的に見て夫婦とは思えない状態だったときは、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等総合的に判断して裁判所が決定します。

 

 

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に頼めば得になるかと言えばそうとも言えないケースもままあります。
条件が成功報酬であれば調査が成功しなかった時、お金を払わなくても済むのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。だから、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、求めているような人がいます。せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者側に落ち度があって、調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が困難になり、うまく行かない事もあるのです。
いくら探偵の浮気調査でも、100%成功することはあり得ないのです。失敗した場合の代金についても、契約を交わす際に決めておくことが大事だと言えます。
実際に探偵に頼むことでなにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。
相手が浮気をしているのではないかと思った場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を入手しようと思っても、配偶者に発見されてしまう可能性が高いです。

 

 

 

理由としては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を望むのであれば、まずは相手のことを知らなればなりませんし、複数回に渡る、浮気の証拠を見せられなければなりません。

 

もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、浮気の証拠をキッチリとした形で鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を整えて貰えます。いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功ということになるでしょう。実際に浮気があったとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、結局は浮気の明確な証拠をつかむことなく、専門的な調査は完了となり、成功報酬を請求されるのです。

 

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、普通は、調べる人が何人で、どのくらいの期間に渡って調査を行っていくのかをあらかじめ打ち合わせをしておきます。
1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。
探偵事務所によっても、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、ネットでの評価なども参考にしたら良いでしょう。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな似たような仕事をしています。

 

 

 

でも、どちらかを選ぶとしたら企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。浮気現場の日時がわかっていると、調査が必要とする時間は減るので、調査費用は安くなりますよね。といっても、いつ浮気をしているのかを把握していても、友人を説得して写真撮影をお願いすると、骨折り損になることは確実です。知られずに証拠写真を手に入れるにはプロに任せるのが一番でしょう。

 

 

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。

 

さらに、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要となります。

 

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。