同一電話番号との連絡を電話が掛かってき

同一電話番号との連絡を電話が掛かってき

同一電話番号との連絡を電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのは濃厚であると考えられます。

 

 

そういったことに気付いたらその電話をしている相手を調べればいいのですね。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話での連絡を浮気相手ととったのちには着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

 

 

時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。
よって、探偵に尾行依頼をするなら、日常からパートナーの行動を調べ上げることが重要です。
最も疑いのある時間帯や曜日に追跡をお願いすると、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあります。成功報酬で料金設定をしている探偵事務所は、最終的に成功した調査でないと報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。

 

 

そのため、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。
調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。
浮気調査の費用節約というと、自分でできる範囲までは事前に調査してから調査会社へ依頼することです。

 

 

難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。

 

 

毎日のパートナーの行動記録を良いだけです。

 

毎日の出勤時間、帰宅した時間、電話で誰かと通話していれば、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。
いくら成功報酬制を採用していると言っても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だったとしてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。

 

本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬としての料金を請求されます。
法律上では、既婚者が婚姻関係にない人と自分から肉体関係を持つことを不貞と定めています。
すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。

 

 

 

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。尾行料金の相場はと言うと、調査する人の数にもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。もちろん、調査員が1人なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行の時に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認したほうが良いでしょう。

 

 

 

信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、口コミをチェックするのも有効です。
当然、探偵事務所が運営するホームページに記載されているような口コミではなくて、運営が異なる掲示板や相談サイトにある口コミを確認するようにしましょう。
該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。

 

 

どのような行動をしているか記録することで浮気の根拠を示せることもあります。
普通は、人間の一日一日の行動には決まったパターンがあります。ところが、浮気をしてしまっていると、そのパターンが揺らぎます。

 

 

揺らぎの出た曜日、時間帯を断定ができたら、行動をしっかりと観察すると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

 

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査が必要とする時間は減るので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。

 

 

といっても、いつ浮気をしているのかを特定できているなんていっても、知人に相談して写真を撮ってくれることになっても、ほとんど駄目でしょう。ばれないで写真を撮影するには探偵を雇うのが賢明でしょう。